雑記

【2020年10月】羽田イノベーションシティのイマをレビューします!!

こんにちは!FPスノーボーダーです。

今日は、羽田空港の近くに新しくできた複合施設、「羽田イノベーションシティ」について紹介をします!!

2020年7月にプレオープンをしたものの、新型コロナウィルスの影響で閑散としていました。

9月の連休に徐々に店舗や施設も拡大し、今後もどんどん増えていく予定です。

2022年にグランドオープンを予定しているそうです!!

この記事では、興味を持った方が「こんな感じか~」と思ってもらうことを目的としています。

こんな方におすすめ

  • 東京近郊でお出かけできる場所を探している人
  • 眺めの良いところで飛行機を見たいと思っている人
  • 羽田空港近隣で宿泊を考えている人

羽田イノベーションシティとは?

羽田イノベーションシティ(HANEDA INNOVATION CITY)とは、京急空港線・東京モノレールの天空橋駅に直結した大規模複合施設です。

地図でいうとこちらにあります。(ZoneI/Jは施設のゾーン名称です)

2020年7月に開業しました。

羽田空港第3ターミナルから1駅の

「天空橋」駅に直結する

「HANEDA INNOVATION CITY」は、

敷地面積5.9ha、延床面積が13万m²を超える

大規模複合施設。

「先端」と「文化」の2つをまちのコア産業として、

商業・オフィスをはじめ、

多くの特徴的な機能を内包した、

未来志向の新たな体験や価値に出会える場所です。

世界をリードする国際産業拠点として、

多彩なジャパンカルチャーを発信拠点として、

このまちに集まってくるあらゆる人たちへ

イノベーションを提供していきます。

HANEDA INNOVATION CITY公式HPより

「世界をリードする国際産業拠点」、「多彩なジャパンカルチャーの発信拠点」ということろがキーワードでしょうか?

実際に歩いてみたところ、近代的で様々な文化が入り混じるような雰囲気を感じました。

駅からすぐなところが嬉しいポイントですね!!

施設はZONE A~Lまでエリア分けされており、D~Lが現在営業中のエリアとなります。

フロアマップ(1F) 公式HPより

それでは、ZONE別に簡単に紹介をしていきます。

ZONE A・B・C

ZONE A・B・Cは2022年にオープン予定のエリアです。

2020年10月現在、何にもありません・・・

工事の現場事務所があるくらいです。

2020年もあと2ヶ月の時期で工事が始まっていないのは大丈夫なのでしょうか。

少々不安なエリアです。

何にもありません!!(2020年10月25日)

ZONE D

Zone Dは研究開発拠点となるようです。ANA社やDENSO社の社名が入っていました。

一般客向けの施設としては、「HANEDA SKY BREWING」というバーが出店していました!!

昼間からのビール!とても美味しそうでした!!

HANEDA SKY BREWING オープンテラス席もあり、密ではないです!

ZONE E

ZONE Eでは、デジタル体験型商業施設の「羽田出島 | DEJIMA by 1→10」や足湯スカイデッキがあります。

羽田出島 | DEJIMA by 1→10では「The Heart of ZIPANGU」を公演しており、やはり日本文化の発信源としての役割を担っていました!!

30分で3,190円はぱっと見高く感じてしまうのですが、その分のクオリティなのでしょうか??

そして、一番混んでいたスカイデッキ!!

階段またはエレベーターで屋上に上がることができます。

一番密な場所だったような・・・

ですが、人気の意味が分かります。

飛行機を見ながら足湯に入れる醍醐味です。首都圏ではここだけではないでしょうか??

展望スペースからは、B滑走路が間近にあります!!タイミングが良ければここからの出発を見ることができます。

南風の際の15:00~19:00にここから飛ぶ運用になることが多いです。

詳しくは国土交通省のHPをご参考にどうぞ!!

ZONE F

ZONE Fにはレンタカーや駐車場事前清算施設があるようです。

今回はどちらも使用していないので、写真を撮り損ねてしましました・・・

ZONE G

ZONE Gには水素ガスステーションがあるようです。

さすが、近未来の街ですね。私は当分使用できそうにない場所ですが・・・(笑)

奥の施設が水素ステーションです。

ZONE H

ZONE Hには、3,000人収容可能なライブホール「Zepp Haneda(TOKYO)」、飲食店として、「春茶 harucha」と「さとむすび」、ホビーショップの「駿河屋」が出店しています。

飲食店はともかく、ライブホールはコロナ渦でどうなってしまうのでしょうか?!現在は稼働していないですが、この先が不安なところですね・・・

右側がZONE H、左側がZONE Iです。正面がZONE D

ZONE I

ZONE Iには、飲食店の「羽田昔ばなし横丁」が出店予定となっています。

既に内装工事などが終わっているのですが、開店時期が未定とのことです。

色々な日本食を提供するということで、とても興味深いです。

開店したら行ってみたいと思います!!

ZONE J

ZONE Jは一番色とりどりなエリアだと思います!

ホテルの「京急 EXイン 羽田イノベーションシティ」、多機能ホール・カンファレンスルームの「コングレスクエア羽田」、戦闘機のフライトシュミレートができる「LUXURY FLIGHT」、飲食店は「Creadisce」、「春香園」、「とんかつ檍」が出店しています。

特に「春香園」と「とんかつ檍」は地元蒲田の超有名店です。

京急 EXイン 羽田イノベーションシティはこんな感じでした。(エントランス部分のみ)

コングレスクエア羽田では、TOEICの試験を行っていました!!

そして、昼食はとんかつ檍!!上ロースかつをいただきました!この、大きさ・クオリティで1,500円は激安だと思います!!

次回は春香園に行ってみようと思いました!!

ZONE K

ZONE Kには、コンビニ「デイリーヤマザキ」と「Innovation Salon」「HANEDA × PiO」が入っています。

デイリーヤマザキは仮営業中とのことで、平日の昼時間しか営業はしていないようでした・・・

テナント大募集中といった感じでした。

ZONE L

ZONE Lは屋外のエリアです。「アーティストビレッジ」とピザ屋さんの「フリスビーフライングピッツァ天空橋」があります。

アーティストビレッジと称しつつ、普段の実態は公園のような使い方でしたね。

この付近には、大田区のシェアサイクルの置き場もありました。ここへのアクセスとしても便利だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ざっくりですが、私のわかる範囲で羽田イノベーションシティについて紹介させていただきました!!

まだ知名度が低いのか、お客さんはまばらなので、快適に過ごせました!!

眺めもいいポイントなので、デートなどにも使えると思います!!

個人的には、蒲田の超有名店2店に、それほど並ばずに行けるのはすごくありがたいポイントです。

このブログを読んだ皆さんも是非、”ナイショでこっそり”来てくださいね!!

このエリア、羽田イノベーションシティだけでなく、”羽田エアポートガーデン”という施設も今後オープンの予定ですので目が離せませんね!!

それでは!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPsnowboarder

FPスノーボーダーです。 30代の会社員をしつつ、冬は毎週ゲレンデに足を運んでいます。 お得にスノーボードを楽しむ方法、インストラクター視点のスノーボードを楽しむ方法について書いています。 温泉やグルメネタの記事も多めに取り揃えています。 JSBA公認C級インストラクター所有 FP技能士3級所有 岩手県大船渡市認定さんま焼き師

-雑記

© 2021 お金とスノーボードのブログ Powered by AFFINGER5