スキー場特集

【ゲレンデ紹介第10弾】 長野県 横手山・渋峠スキー場

こんにちは!FPスノーボーダーです!

今日は長野県編の第2弾として、「横手山・渋峠スキー場」を紹介します!

このスキー場の特徴は、”日本一標高の高いスキー場”ということです!!

その標高は2,307m!!

東京都の最高峰、雲取山(2,017m)よりも高い位置にスキー場があるんです!

ちなみに、岩手県編の際に連呼していた、岩手山の標高は2,038mなので岩手県最高峰よりも高いスキー場です!

そんな、日本一のスキー場について紹介をいたします!!

横手山・渋峠スキー場って??

横手山・渋峠スキー場は長野県下高井郡山ノ内町志賀高原にあり、株式会社S&T観光開発が運営するスキー場です。

長野県といいつつ、渋峠エリアの麓のすぐ近くに群馬県との県境があります。

かの有名な県境上に立つホテル「県境の宿 渋峠ホテル」があります

地図で位置を示すと、こちらになります↓↓

新幹線の最寄駅は北陸新幹線長野駅で、長野駅から急行バスが出ています。

高速道路の最寄ICは信州中野ICで35㎞離れています。

群馬県側からのアクセスは国道282号線の冬季閉鎖の影響で、4月中旬までできません。

トップシーズンは長野県側からのアクセスとなりますので、要注意です!!

また、湯田中から志賀高原に上がる道路は、12月~3月にかけて凍結していることが多く、2駆の車が頻繁にスタックしています。かなり難易度の高い道路ですので、十分気を付けてアクセスしてください!

群馬県側においては、草津や万座が近く、”映画 私をスキーに連れてって”の”志賀万座ルート”として登場していたりします。

標高が高いうえに降雪量に恵まれているため、例年11月下旬ごろから5月末まで営業しているスキー場です。

なんと、暖冬小雪だった昨シーズンにおいても、5月末まで営業をしていました!!

渋峠ホテル外観 県境のホテル
かの有名な「渋峠ホテル」です!!

横手山・渋峠スキー場の魅力について

横手山・渋峠スキー場に魅力について書いていきたいと思います!!

このスキー場の魅力は次の3つです!!

気温が低すぎること!!

魅力その1です。

このスキー場は標高が高いので、4月になっても気温が低いです。

4月下旬に訪れた時に、付近の道路の温度計が「-4℃」を表示していた時には驚きを隠せませんでした・・・

これくらい気温が低いということは、春シーズンでも”雪質が良い”んです。

4月にもかかわらず、午前中は締まったバーン、午後は少しルーズになったバーンを楽しめてしまいます!!

シーズン最後の締まったバーンを堪能したければ、ココです!!

ちなみに、トップシーズンはマイナス2桁は当たり前のようです・・・

寒いの苦手な私は近づけません(-_-;)

横手山スキー場 温度計
4月下旬でマイナス4℃!!

GW明けでもたっぷり楽しめること!!

更に、GW明けでも豊富に雪があるため、雪不足に悩むことがありません!

雪質はさすがに悪くなりますが、滑りやすいコンディションを維持してくれます。

コース脇にはコブも作られており、コブの練習なんかも捗っちゃいます!!

GW明けまで営業をしているスキー場は

  • かぐらスキー場
  • 奥只見スキー場
  • 関温泉スキー場
  • 月山スキー場

くらいしかないんです。

この中だと、月山スキー場に次ぐコンディションの良いスキー場と言えるのではないでしょうか?

横手山第1スカイペアA線B線
4月末の写真です。

山頂に美味しいパン屋さんがあること

魅力その3です。

山頂の”横手山ヒュッテ”の中に”雲の上のレストラン”というお店があります。

そこで販売してる、パンがとても美味しいんです!!

オススメは「きのこスープ」です。

スープの器の蓋がパンになっていて、割って中身を食べる形です。

※写真撮り損ねてしましました・・・ぐるなびにてご確認ください。

ぐるなび情報はこちらです。

オススメなので、是非一度食べてみてください!!

横手山・渋峠スキー場のイマイチなところ

横手山・渋峠スキー場のイマイチなところについて書いていきます!

アクセスが悪いところ

イマイチなところその1です。

スキー場までのアクセスが大変です・・・

なんせ、志賀高原の”一番奥”にあるスキー場なので・・・

無茶な話ですが、もう少しアクセスが良くなればいいなと思っているところです。

標高が高すぎるところ

イマイチなところその2です。

標高が高いメリットをこれまで紹介してきましたが、デメリットもあるんです。

標高が高すぎて、高山病っぽい症状が出ることがあります。

特に疲れていたり、体調が悪い時には注意が必要です。

まとめ

如何だったでしょうか?

日本一標高の高いスキー場、「横手山・渋峠スキー場」の紹介でした!

あまり、コースの紹介をしませんでしたが、いろいろなコースがあって楽しいです!

それ以上に、ほかのスキー場で滑ることができないときに、気持ちよく滑れることがこのスキー場のなによりの魅力だと思います!!

この記事を読んで興味を持っていただけると嬉しいです。

それでは!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPsnowboarder

FPスノーボーダーです。 30代の会社員をしつつ、冬は毎週ゲレンデに足を運んでいます。 お得にスノーボードを楽しむ方法、インストラクター視点のスノーボードを楽しむ方法について書いています。 温泉やグルメネタの記事も多めに取り揃えています。 JSBA公認C級インストラクター所有 FP技能士3級所有 岩手県大船渡市認定さんま焼き師

-スキー場特集

© 2021 お金とスノーボードのブログ Powered by AFFINGER5