スノーボード 20-21シーズン滑走記録

【20-21シーズン その21の3】札幌周辺スキー場巡り!ダイナスティスキーリゾート【2/22】

こんにちは!FPスノーボーダーです!!

前回の小樽天狗山スキー場を後にしまして、次に向かったのは北広島市のダイナスティスキーリゾートです!!

この日は札幌国際スキー場・小樽天狗山スキー場に続いて3箇所目でございます。

1箇所目の札幌国際スキー場の様子はこちら↓↓

【20-21シーズン その21の1】札幌周辺スキー場巡り!札幌国際スキー場【2/22】

こんにちは!FPスノーボーダーです! 今回から、札幌トリップ編のスタートです。 トリップといいつつも今回も2日間の弾丸行程なのですが・・・ 今回はトリップの計画を立てる段階でレンタカーを借りる予定としていたため、何か面白いこと・・・と思いまして、Twitterで候補地を募集しました。 2/22,23 ...

続きを見る

2箇所目の小樽天狗山スキー場の様子はこちら↓↓

【20-21シーズン その21の2】札幌周辺スキー場巡り!小樽天狗山スキー場【2/22】

こんにちは!FPスノーボーダーです! 札幌トリップ2箇所目のスキー場のご紹介です! 2箇所目は、小樽天狗山スキー場にいきました!! 1箇所目の札幌国際スキー場からほど近く、簡単にはしごをすることができます!! 札幌国際スキー場の様子はこちら↓↓からドウゾ! このスキー場は一般のロープウェイの営業も兼 ...

続きを見る

ダイナスティスキーリゾートは今回のトリップでローカル感が一番強いスキー場だと感じました!

どこからそう感じたか?探してみてください!

それではいってみましょう!!

 

ダイナスティスキーリゾートに出発!!

ダイナスティスキーリゾートは北広島市にございます!どこにあるかと説明しますと、札幌市から新千歳空港を結ぶ国道36号線の真ん中あたり。三井アウトレットがとても近くにあるスキー場です。

詳細な場所はこちら↓↓

オール下道で小樽からは2時間程かかりました。ナビでは1時間半の案内でしたが、札幌市内の道路の混雑が響きました・・・

ということで、スキー場の第1駐車場に到着です。昼営業とナイター営業の境目ということで、帰宅する人とも多くすれ違いましたね。

駐車場で支度をして、センターハウスに向かいます。駐車場からゲレンデまではこんな道路を歩いていきます。ツルツルの圧雪路でした!

ゲレンデにたどり着きました!!なだらかな丘のようなスキー場ですね。地形のうねうねはゴルフ場のような雰囲気です。(後から調べたら、夏季はゴルフ場として営業しているようです!)

ダイナスティスキーリゾート メインゲレンデ

リフト券売り場に到着です。1日券が2,400円とか激安すぎるスキー場です!!ナイター券も1,300円でしたが、今回は回数券を購入することにしました!

ダイナスティスキーリゾート リフト料金表

4枚購入しました!!(250円×4枚=1,000円)それでは滑っていきましょう!!

ダイナスティスキーリゾートを滑ります!!

ダイナスティリゾートを滑ります!!まずはコースマップです!!

ダイナスティスキーリゾート コースマップ

このうち、第3ペアリフトが稼働リフト、第2ゲレンデがナイターゲレンデとして営業していました。コースマップより、バーンが凸凹していたり、樹木が生えていたりでそこそこ滑れるようになったファミリーが楽しめるゲレンデのように思いました。

第3ペアリフトに乗り込みます!!改札小屋の脇に置いてある、箱の中に回数券を都度入れていきます。

手前が営業をしていない、第2シングルリフトで奥が第3ペアリフトです。シングルリフトは混雑時には役に立つのでしょうね~

ダイナスティスキーリゾート 第2シングルリフト乗り場

リフト乗り場前には怪しげなバーが。なかなかシュールな動きをするバーでした。これが開くタイミングが乗車位置まで移動するタイミングです。

リフトから第2ゲレンデを眺めます。かなりワイドなバーンですね。

山頂に到着です。バーンはカリカリ、遠目には北広島市の街の明かりが見えました。

雪が付きづらいのか、山頂エリアでも一部土がむき出しになっている場所がありました。

リフト沿いにはパークがあります。キッカーが2箇所とジブ(ボックスとレール)が設置されています。

上部からの様子はこんな感じです。キッカーは3mほどのサイズと6mほどのサイズの2つでした。バーンがカチカチで怖かったので、小さいほうに1度トライしました。地元のキッズたちは、大きほうのキッカーでBS360を回しまくっていて驚きました!!

ダイナスティスキーリゾート パーク

リフトからのキッカーの様子です。大きいほうのキッカーで隠れてしまっていますが、奥に小さいキッカーが隠れています。

続いては、第1ゲレンデ方面に行ってみました。第3ペアリフトを下車してから降りた向き左側へひたすら進んでいきます。

林道のようなコースに出ました。これはコースマップに乗っていないのでどこ滑っているんだろ?と思いながら進んでいきました。この場所はおそらく第1ゲレンデには到達できていないはずです。(笑)

さらに降りていくと”止まれ”の標識が。冬季以外は普通の道路なのでしょうか。

広いコースに出ました。コースマップにはこの斜面に沿った立ち木の表記が無いんですよ。なので、ここが”多分”第1ゲレンデです。

ギリギリ明るいので安全に滑れましたが、暗くなったら見えなくなってしまうので、このエリアでナイターを滑る際には気を付けてくださいね!

早いもので、ラストのリフトです。かなり暗くなってきました。このスキー場はナイター照明が控えめなので、滑走には十分気をつけましょうね。

さあ。ラス1の山頂です。カリカリバーンでカービングを楽しんで回数券を使い切りました!!

センターハウス探検!

このままで終わるのもつまらないので、センターハウスを少々探索しました!!

軽食売り場です。小腹がすいたらここで調達できるので、安心して滑れます!パスタや焼きそばがワンコイン(500円)以下で購入できるのは良いですね!ローカルへ向けて愛を感じます。

続いて自販機コーナーとロッカー。ガッツリ汗をかいても安心です。ホットも揃っているので、寒い日も安心ですね^^

そして、休憩コーナーです。内装がとっても綺麗で手入れがしっかりされているように思いました。子供が滑って親はここで待っているというスタイルが十分できますね。大きな窓からはゲレンデが見えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リフト4本でしたが、コンパクトにこのスキー場を楽しむことができたと思います。

記事中にも何度も書きましたが、ファミリーにすごく良いスキー場だと思いました。

特に、林間コースっぽいコースは子供がとても喜ぶように思います!!

そして、何より料金が安い!親子のシーズン券で35,000円で購入できるようです。

昨年は雪不足で営業できなかったとのことですので、今年はシーズン後半も盛り上がると良いですね!!

それでは次のスキー場へ移動です!!

この日のラストはどこのスキー場へ行ったでしょうか!ナイターのはしごは人生で初めてです(笑)

お楽しみに!!それでは!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPsnowboarder

FPスノーボーダーです。 30代の会社員をしつつ、冬は毎週ゲレンデに足を運んでいます。 お得にスノーボードを楽しむ方法、インストラクター視点のスノーボードを楽しむ方法について書いています。 温泉やグルメネタの記事も多めに取り揃えています。 JSBA公認C級インストラクター所有 FP技能士3級所有 岩手県大船渡市認定さんま焼き師

-スノーボード, 20-21シーズン滑走記録

© 2021 お金とスノーボードのブログ Powered by AFFINGER5