20-21シーズン滑走記録 スノーボード

【20-21シーズン その17】好アクセスの穴場ゲレンデ?奥利根スノーパーク【1/30】

こんにちは!FPスノーボーダーです!!

この記事は、101記事目の記事となります!新たなスタートといったところですね!

心機一転頑張っていきたいと思います。

さて、今回も群馬県へのトリップとなります。今回は前回沼田エリアよりも少し北へ移動した、水上エリアに滑りに行くことにしました!!

前回の沼田エリアの記事はこちらです!合わせて読んでもらえると嬉しいです!

たんばらスキーパーク サムネイル
【20-21シーズン その15】霧のたんばらスキーパーク【1/23】

こんにちは!FPスノーボーダーです!! 最近土日の天気が悪いのは気のせいですかね?この週末も気温が高い予報だったので、標高の高い群馬県のスキー場へ行くことにしました。 そんな中で、今回は同行者のレベルが分からなかったため、初級者コースが充実している、たんばらスキーパーク【公式HP】に行くことにしまし ...

続きを見る

今回滑ったスキー場は、奥利根スノーパークです。

行ったことないスキー場で営業時間がとんでもなく長いスキー場!ということで、今回行ってみることにしました。このスキー場、土曜日は朝6時から深夜0時まで営業をしているトンデモな営業時間なんです!!

そんな奥利根スノーパークについてレビューしていきます!

それではいってみましょう!!

奥利根スノーパークへ出発!!

さて、奥利根スノーパークへ出発です!!

今回は、新たな試みの1つとして、”極力下道”でスキー場へ向かうことにしました!

初の試みなので、前日夜に出発して近隣の宿に泊まることで、体力の温存を図ることにしました!!

ということで、自宅を金曜日の21:00頃に出発しました!!

主な経路は、

環八通り⇒笹目通り⇒国道17号(大宮バイパス)⇒国道17号⇒国道17号(熊谷バイパス)⇒国道17号(深谷バイパス)⇒国道17号(上武道路)⇒国道50号

で前橋駅までこの日のうちに移動をしました。

移動時間は約3時間半ということで、高速利用プラス1時間30分程度で到着しました!!

グルコミさんより引用

お部屋はこんな感じです。東横インのフツーの部屋ですが(笑)

ヤフーロコより引用

翌朝は7:30頃に宿を出発し、9:00前にはスキー場に到着しました。今回唯一、前橋ICから水上ICまで高速を使用しました。

水上ICを降りてまず驚きました!道路が散水で融雪されているではないですか!!しかも、奥利根スノーパークまで!!アクセスの安定性は抜群です!

車は第一駐車場に駐車できました!スタッフに話を伺ったところ、「今日は降雪で宝台樹などに向かう車のスタックが頻発していて、あきらめて手前の奥利根来る人が多い」とはなしていました。実際第一駐車場はその後すぐに満車になり、ゲレンデにもそこそこ人がいました!

ホテルでウェアを着ていたため、サクッと準備をします!まずはセンターハウスに向かいます!

手前から、バス待合所とスクール小屋、トイレ、一番奥の大きな建物がセンターハウスです!

センターハウスに着きました!センターハウスには、更衣室とレンタルコーナーとリフト券売り場、軽食コーナーがありました!

こちらのリフト券売り場でリフト券を引き換えます。今回もスノーリゾートクラブの回数券を利用しました。

リフト券をゲットしたので、さっそくゲレンデに向かいます!!

奥利根スノーパークを滑るぞ~!!

まずは、コースマップをどうぞ!リフトが大きく4ヶ所とこじんまりしたゲレンデです。麓のセンターハウスからは、ゲレンデのほんの一部しか見えません。

まずは階段を上がります!!(いい具合の段差で程よく疲れます(笑))

階段のあとは、第1リフトに乗ってメインゲレンデに上がっていきます!

第1リフトを降りると、広大なゲレンデが!!と、思いけや安定のガス&雪です。毎週天候悪いのは悲しいですね。天気よくならないかなぁ・・・

まずは、第2リフトと第4リフトを乗り継いで、山頂を目指していきます。

第2リフトは左右でA線B線となっています。A線が短く、B線が長く第4リフト乗り場まで続いてます。この日はB線のみの営業でした。

第2リフトを下車して、第4リフトに乗車します。第4リフトは2016-17シーズンで新設されたリフトで、ピカピカでした!!スピードは普通のペアリフトくらいでしたね。

山頂に到着しました!雪はいい感じに降っていましたが、パウダーの部分とニセパウダーの部分(パウダーに見えるけど実はカリカリ)の境目が分かり辛く、特にリフト降り場はそんな状態でした。

リフト降り場からブナの木コースを眺めます。視界はかなり良くなってきました!このコース、奥利根スノーパークの中でもトップレベルの緩斜面だそうです(笑)

ブナの木コース下部の様子です。一見パウダーのように見えますが、下にカリカリバーンが隠れています。吹き溜まりのパウダーは最高なんですけどね!!

向山ゲレンデ上部まで下りてきました!奥利根スノーパークのメインゲレンデではないでしょうか!第3リフトでも第2リフトでも回せるゲレンデなので、一番多くの人が集まっていたように思います!第3リフトを挟んだ反対側にはパークもあります!!

第3リフトの乗り場はこんな感じです。こちらも、A線B線分かれてますが、片方だけの運行です。どっちがA線なのでしょうかね?

リフトに乗っていたら、めちくちゃ晴れてきました!!晴れた景色は雪山の醍醐味ですよね!降雪機もたっぷり並んでいるので、普段は良く晴れる場所なのでしょうかね?

リフトからパークを眺めてみました!ビッグキッカーからスパイン、ボックスにレールといろいろなアイテムが揃っています。ここでコソ練もよさそうです^^

ここからは下のコースの紹介です!

まずは万治平ゲレンデです。向山ゲレンデからの初級者向け迂回路の下部に当たります。ここにはパウダーがたっぷり残っていました!残パウを満喫できました!!

続いてくらししゲレンデです。そこそこ急な斜度で滑りごたえのあるコースでした。幅が広いのが最高ですね!新雪が積もりすぎて凸凹していたので滑り辛いバーンでしたが。

そして、第2リフト右側コースです。ここも、くらししゲレンデと同じくそこそこ急な斜度を持っています。カービングの特訓するにも高いレベルを求められそうなコースです。めちゃくちゃ苦戦しました!

続いて面白いコースを見つけちゃいました!左側のコースで、コース名は林道連絡路という名前です。右側は林間連絡路いう名前のフツーのコースです。

コースはこんな感じの細い文字通り、林道のようなコースです。コース沿いには壁も沢山あって楽しめるコースです。

コースの終盤には「この先板を外して歩いてください」との看板があります。この先がなかなか面白いのです。

その現場はこちら。第1リフトを横切るのです。リフトと同じタイミングだと確実にぶつかります(笑)この光景がなかなかシュールで個人的にはツボポイントでした!

奥利根スノーパークの多種多様なコースを満喫して、17:00過ぎにあがりました。

気になるゲレ食?!

奥利根スノーパークは大きなレストランは、山の中腹の1か所しかありません!こちらです!!

レストランの内装はこんな感じです。エントランスは2階なのですが、1階と3階も食事スペースとして開放されていました!※写真は3階です!

そこそこ規模が大き目なレストランで賄えてしまうんですね。このレストランのメニューはこちら!他のゲレンデと比較すると割とリーズナブルな方ではないでしょうか。

今回はどうしても麺が食べたい気分だったので、味噌ラーメンをチョイスしました!スキー場の味噌ラーメンってなぜか美味しいんですよね!

アフタースノーボード!

今回は水上の温泉宿に宿泊でしたので、スキー場からそのまま向かいました!

前回の老神温泉の宿と同じ系列の伊東園ホテルズの宿である、”水上温泉郷 ゆびそ温泉 ホテル湯の陣”です。

伊東園ホテル尾瀬老神山楽荘を紹介した記事はこちら!

【20-21シーズン オススメ宿その5】伊東園ホテル 尾瀬老神山楽荘【飲み放題付き温泉宿】

こんにちは!FPスノーボーダーです!! 今回は群馬に泊りがけのスノボ旅行です!1日目はたんばらスキーパークで滑りました! その様子はこちら↓↓ こちらの記事でも軽く触れておりますが、1日目に宿泊したホテルである、伊東園ホテル 尾瀬老神山楽荘【公式HP】の紹介をしたいと思います!! お値段以上の価値を ...

続きを見る

詳細は別記事にまとめたいと思いますが、今回はザックリ紹介したいと思います!!

ホテル湯の陣の外観はこちらです!!

場所はこちらにございます。JR上越線の湯檜曽駅が最寄駅です。(電車は1日数本ですが・・・)奥利根スノーパークからも車で10分かからないで到着しました !

お部屋は和室でした。先週の山楽荘よりかなりキレイめなお部屋でしたね。

伊東園ホテルズということでちゃんと露天風呂付の温泉もありましたよ!

温泉はこんな雰囲気です。公式HPからの引用ですが。なぜか内湯よりも外湯の方が温度高めという不思議な温泉でした!

夕食もバイキング&飲み放題です!今回も地元の料理とビールをたっぷり堪能しました!!

ホテルもこの日は満室だったようで、賑わっていましたね。通常のシーズンだったら、即満室といったところでしょうか。老舗旅館が軒を連ねる水上エリアの中では、高コスパであることは間違いないです!!

まとめ

如何でしたでしょうか?

今回は私には珍しく、水上エリアのスキー場に行ってみました!好アクセスで混んでいるイメージなので、実はこれまで1回しか行ったことありません。

今回、奥利根スノーパークに行ってみて、水上エリアの楽しさを知れた気がします!今シーズン何度か行ってしまうかもしれません!(笑)

今回も宿泊ということで、この旅はまだまだ続きます。翌日も水上エリアですよ!!

さて、締めくくりのかかった費用のコーナーです。今回はこちら!!

  • 前泊代   2,650円(5,300円÷2)
  • リフト券代 2,700円
  • 昼食代   1,000円
  • 宿泊代   7,500円(楽天ポイント1,000ポイント使用)

今回は、13,850円でした!交通費は翌日に加算します!ホテルのコスパがまぁ、素晴らしいこと!!

翌日もたっぷり滑ります!ご期待ください!

次回更新は月曜日の予定です!それでは!!^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPsnowboarder

FPスノーボーダーです。 30代の会社員をしつつ、冬は毎週ゲレンデに足を運んでいます。 お得にスノーボードを楽しむ方法、インストラクター視点のスノーボードを楽しむ方法について書いています。 温泉やグルメネタの記事も多めに取り揃えています。 JSBA公認C級インストラクター所有 FP技能士3級所有 岩手県大船渡市認定さんま焼き師

-20-21シーズン滑走記録, スノーボード

© 2021 お金とスノーボードのブログ Powered by AFFINGER5