スキー場特集 スノーボード

【ゲレンデ紹介第3弾】 北海道 サッポロテイネ

みなさんこんにちは!FPスノーボーダーです。

ゲレンデ紹介第3弾の今回は、海を越えて北海道札幌市のサッポロテイネです!!

コロナ直前の2月に行ってきましたので、レポートしていきます。

見出し
  • サッポロテイネに関心がある人
  • サッポロテイネへのアクセスについて知りたい人
  • 北海道のスキー場を調べている人
  • 札幌からアクセスしやすいスキー場を知りたい人

サッポロテイネって??

サッポロテイネは、北海道札幌市手稲にある、加森観光㈱が運営するスキー場です。

加森観光㈱は他にも、ルスツリゾートやサホロリゾートや中山峠スキー場を運営しています。

サッポロテイネの場所はこちら↓↓

札幌市内からのアクセスも抜群で、市内中心部から車で40分、JR手稲駅から路線バスで20分と非常にアクセスがしやすいことが特徴です。

私は、新千歳空港から、JRの快速エアポートに乗車して、JR手稲駅から路線バスで向かいました。

8:30に羽田空港を出発する飛行機で行くと、12:00頃にはスキー場に到着できます!

サッポロテイネの魅力は??

サッポロテイネの魅力について語っていきます。

私の思うサッポロテイネの魅力は次の3つです!!

ゲレンデが広いこと

オリンピアゾーンにある札幌オリンピック聖火台

サッポロテイネは大きく2つのエリアに分かれています。ハイランドゾーンとオリンピアゾーンです。

ハイランドゾーンは文字通り、標高の高いエリアとなっており、毎年GWまで営業を行っているエリアです。このため、トップシーズンは雪質が非常に良いのが特徴です。

オリンピアゾーンは標高の低いエリアに位置しており、札幌冬季五輪の聖火台があります。

最長滑走距離は6㎞で長い部類に入ると思います。私は一気に滑り降りるのは無理です(笑)

私のお気に入りのコースは、ハイランドゾーンでは、”シティービュークルーズ”で、オリンピアゾーンでは、”白樺サンシャイン”で、どちらもコースからの眺めが最高でした!!

パノラマ2号リフトが見えます。雪質最高です!

ゲレンデからの眺めが最高なこと

魅力その2はゲレンデからの眺めが最高なことです!

ゲレンデからは、札幌市の中心地を眺めることができます。

東京オリンピックの会場として選ばれた、大通り公園も見ることができます!!

昼間の眺めも最高なのですが、夜の眺めが特に素晴らしいです!

大通りやすすきのの繁華街の夜景が一望です!

ゲレンデから手稲市街への眺望

札幌市内からアクセスが抜群なこと

魅力その3は、冒頭でも記述しましたが、札幌市内からのアクセスが抜群なことです。

JR手稲駅からバスも走っているので、電車でのアクセスもできますし、市内でレンタカーを借りてアクセスするのもオススメです。

雪道の運転に自信がない方は、JR手稲駅からバスかタクシーでのアクセスが良いと思います。

JR手稲駅は、快速エアポートも停車するので、札幌市内だけでなく、新千歳空港から直行することも可能です。

空港からの所要時間は私の体験では、70~90分程度でした。(乗り継ぎが良かったと思います!)

アクセスしやすいことは、これ以上ない魅力だと思います!!

新千歳空港からのアクセスも便利です!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、本州から飛び出して、北海道のスキー場の紹介でした。

スノーボーダーとして、1度は滑ってみたい北海道のゲレンデですが、サッポロテイネは比較的ハードルの低いゲレンデだと思います。

センターハウスもとてもキレイなスキー場なので、私のオススメとしてもかなりの上位に入るスキー場です。

宿泊向けというよりは、日帰り向けのスキー場なので、スノボ後にすすきので1杯ということも可能です!!

この記事を見て、北海道デビューのきっかけになってもらえたらうれしいです。

それでは!!

[temp id=3][temp id=5]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPsnowboarder

FPスノーボーダーです。 30代の会社員をしつつ、冬は毎週ゲレンデに足を運んでいます。 お得にスノーボードを楽しむ方法、インストラクター視点のスノーボードを楽しむ方法について書いています。 温泉やグルメネタの記事も多めに取り揃えています。 JSBA公認C級インストラクター所有 FP技能士3級所有 岩手県大船渡市認定さんま焼き師

-スキー場特集, スノーボード

© 2021 お金とスノーボードのブログ Powered by AFFINGER5